整骨院(接骨院)=柔道整復師ってなに?

 

「接骨院」「整骨院」「ほねつぎ」といった看板を掲げて

開業しているのが、国家資格である柔道整復師です。

 

施術対象はおもに、打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)・骨折脱臼(応急手当)、また、急性や亜急性といわれるぎっくり腰や寝違いなどの痛み、いつも悩まされている「痛み」、交通事故の治療やあらゆる「痛み」を対象に、副作用のない、体にやさしい自然療法として、近年特に高い評価を受けております。

 

もちろん、国家資格を取得した解剖・生理・運動学の

プロフェッショナルです。

日ごろの疲れや慢性的な症状など、手技による身体のバランスを整え、神経の働き、筋肉の動きを良くする施術など、ただ疲れを取るのではなく、根本的に変化していくような結果にこだわる施術を行っております。

 

よく「整体」「リラク」などと混同されてしまいますが、

私たちだからこそ出来るケアがあります。

 

最大の特徴は、

西洋医学のように医薬品や手術などに頼らず、

人間が本来持っている自然治癒力を活用する

「保存療法」にあり、古くから伝承されてきた柔術の

活法」に由来するといわれる伝統医学です。

 

柔道整復師は、1989年に国家資格として認定され、

2001年にはWHO(世界保健機関)の21世紀の人類の健康に貢献できる可能性を検討する「伝統医療と相補・代替医療に関する報告」にも紹介されています。